網膜剥離|初期症状で眼科へTop >  レーシック視力回復 >  網膜剥離の手術

スポンサードリンク

網膜剥離の手術

網膜は、眼の奥にある10層からできている薄い膜で、カメラにたとえるとフィルムにあたります。網膜剥離(もうまくはくり)とは、神経網膜が網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)からはがれた状態となってしまう病気です。網膜剥離は、どの年齢でも発症する可能性がありますが、特に20代と50代に多いといわれています。網膜剥離は、治療しないでおくと失明の恐れがありますが、早めに治療をすればほとんど治る病気です。網膜剥離の初期は飛蚊症(ゴミや虫のようなものがみえる)や光視症(暗いところでもピカピカ目の中に光が見える。多くの場合、眼の外側の方に光が見える)。網膜剥離が進むと、カーテンに遮られたように視野が欠けたり、視力が急に低下します。網膜剥離の治療は急を要する場合多いので、すぐに眼科医に診てもらうことが大切です。網膜剥離の原因で一番多いのは「裂孔原性網膜剥離」です。裂孔原性網膜剥離は、加齢または網膜の弱い部分があるため、網膜の一部に裂け目(裂孔)ができて、そこから硝子体にある液体成分が入り、網膜が浮いて剥がれてくるものです。ボクシングの選手のように、目を強打することでも起こります。裂孔以外からくる網膜剥離として、糖尿病が原因で起きる「牽引性網膜剥離」、炎症が原因で起きる「滲出性網膜剥離」があります。治療は、網膜剥離の初期の段階で,網膜に裂孔ができていても剥離が起こっていない場合であれば,網膜の裂け目の周囲の部分をレーザーで焼き固めて網膜剥離への進行を予防することができます。進行して網膜が剥離してしまった状態になると手術が必要になります。網膜剥離の手術では、網膜の裂け目をふさいで,網膜の下に入り込んだ液体を取り除き,剥離した網膜を元の位置に戻します。網膜剥離は適切な手術により、約95%の確率で網膜を元の位置に戻すことが可能です。


RSS関連リンク
明日は健康診断視力
網膜剥離が進行すると、カーテンがかぶったように一部がみえない「視野欠損」や「視力低下」が起きます。 このような症状があればすぐに眼科医の検査を受けましょう。 網膜剥離が起こる最も多い原因は,網膜に穴が開き,そこから硝子体の液体成分が ...

網膜裂孔→網膜剥離
飛蚊症が急激に酷くなり・・・先日病院へ行くと、網膜裂孔が出来ているとのことで、レーザーで治療をしました。 孔は小さいらしいのですが、部位が上の方ということで網膜剥離になる可能性もあると言われています。 やはり、上の方だと網膜剥離になり ...

網膜剥離
網膜は、眼の奥にある薄い膜で、ものを見るための重要な部分です。網膜剥離(もうまくはくり)とは内側の神経網膜が外側の網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)から分離してしまう病気です。年間約13,000人が発症するという網膜剥離...

おすすめ通販

関連エントリー

網膜剥離|初期症状で眼科へTop >  レーシック視力回復 >  網膜剥離の手術

リンク集

カテゴリー

スポンサードリンク